メンズ用とレディース用の革財布の違いとは

財布というものは、お金を入れて身に付けて持ち歩くものですから、やはり丈夫にできていなければ困ります。もしも、持ち歩いている内に破れでもしたら、そうとは気付かない内にお金を落としてしまっている、といったことにもなりかねないからで、そのためにも財布といえば丈夫である革財布、ということになっているのでしょう。この革財布にもメンズ用とレディース用という違いがあって、大雑把に言えばメンズ用はもっぱら実用本位であり、レディース用はやはりかなりファッション性を重視したもの、という傾向が強いように見受けられます。とはいっても、革製品というものは実用的である反面、元々ファッション性の強いものでもあるので、このことは革ベルトや革カバンといった革財布以外の革製品にも、共通して見られる傾向と言っていいでしょう。従って、メンズ用の革財布が実用本位であるとはいっても、本来的にそれなりのファッション性は当然に有しているわけですが、レディース用のものはよりその傾向が強い、といった意味合いでの違いということなのです。

レディースの革財布の種類についての解説。

レディースの革財布と言えば、さまざまなブランドが発売をしている商品です。革財布は長持ちもしますし、布よりも断然、革派の女性も多いです。これからの季節、クリスマスプレゼントに購入するかたも増えてくる商品になります。値段はピンからきりまであります。数千円で買えるようなタイプもありますが、ブランドショップが出しているものですと、だいたい数万円します。革の素材が、豚革、牛革、羊革と種類があるので、その違いによっても値段は変わってきますが、牛革が一番の高級品になります。財布の形のタイプにも種類があって、二つおり財布や長財布がメジャーです。二つおり財布の場合は、外側が革で、内側は布だ、というタイプも販売しており、お値段も安めになります。もし、予算の都合上革財布はキツいと諦めかけているかたは、部分的に革を使っている革財布を購入することがオススメです。外側が革であれば、見た目は完全に革財布に見えるのです。

長く使うために革財布のお手入れを自分でする方法

愛用の革財布を長く使うためには、それなりのお手入れが必要になります。どれも、自分で出来る簡単なことばかりですので、お試しください。まず、常日頃のお手入れとして使った後に、乾いた布で拭くと言うのが大事です。強くこすらず表面を払うように優しくすると傷もつきません。次に、汚れてしまった場合ですが、皮革用クリーナーを使って汚れを落とすのがベストですが、ない場合には柔らかい布を水で濡らして硬く絞ってから拭きます。大切なのは、どちらを使った後も良く乾燥させることです。また、雨にかなり濡れてしまった場合には、良く乾かすのが重要です。放置しておくと傷や剥がれの原因になるからです。濡らさないためにも、革財布の品質に応じた保護クリームを塗っておくと、大きく染み込んでしまうことが避けられます。このように、革財布もお手入れを心がけておくことで、長く使い込んで行けることが出来ます。愛着ある自分の革財布ですので、愛情を持って扱うことをお勧めします。

革財布やバッグなど革製品に付きがちな傷の予防

革財布やバッグといった革製品には、傷や汚れがつきやすいという問題があります。ヌメ革でできた革財布はコーティングがされていない状態という物が多く、少し引っかいたり水が掛かったりするだけで擦れや汚れができてしまいます。特に傷がついた場合、目立つ上に簡単に落とすことができません。そのため、予防が非常に大切になってきます。予防法として一番有効なのは、クリーム等を塗ることです。クリームを塗ることである程度予防することができます。しかし、完全に防ぐ方法はありません。やはり、革製品は傷が付きやすい物と考えて丁寧に扱うようにするのが一番です。革財布やバッグ等に付いてしまった跡は、一度付いてしまうと残念ながら元に戻すことができません。小さなものなら、周辺部と一緒に指で擦ると馴染んで目立ちにくくなります。ヌメ革なら、多少の擦れ等は風合いの1つとして気にしないというのも手の1つです。どうしても気になる時は、乾いた柔らかい布で皮革用クリームをしっかり揉み込みます。また、革製品専用マニキュアもあるので試してみるのも方法の1つです。

革財布の自宅でのクリーニング方法で、いつまでも

お気に入りの革財布を長年愛用していると、さすがに汚れが付着してきます。長くいつまでもきれいに愛用していくには、正しいお手入れを覚えておけば、ご自宅でクリーニングできます。ベンジンが良いといいますが、専門的な知識で正しい使用をしなければ、色ムラを引き起こしてしまいますので、自宅での革財布のクリーニングには不向きです。普段は乾いている柔らかい布で優しく拭き取る程度で十分です。スウェード製なら、革用ブラシで毛並みをそろえるようにブラッシングします。汚れがひどくなってきた場合は、固く絞ったタオルなどで、拭き取って水分を良く乾燥させてから、革用クリームで艶出しするといいでしょう。油脂汚れが革財布の中まで浸透してしまっている場合は、革クリーニング専用の石鹸がありますので、海綿体のスポンジなどを使用して優しく洗ってあげましょう。陰干しでよく乾燥した後、革クリームで艶を出せば完成です。お気に入りの革財布だからご自分でお手入れいしてずっと愛用するための方法です。

ハンドメイドの革財布の魅力とはどういうものか

ハンドメイドの魅力は、何よりも温かみ・ぬくもりにあります。昔からの伝統的な技術を用いられて作られた製品は、ハンドメイドならではの温かみと丈夫さを兼ね備えています。ハンドメイドの良さは、世界に一つだけのものを自分が手にしているという喜びにもあります。手作りのプレゼントをもらった時の喜びとも似ています。ですから、ハンドメイド製品を大切な方にプレゼントするのも喜ばれます。革財布は、使えば使うほど最初に手にした状態の色・風合いが変化していくところが魅力の一つといえます。もちろん、汚れてしまったら革専用のクリーナーを使ってお手入れすると汚れは落ちますが、風合いが変化していくところも革製品ならではの特徴です。最初真新しいクリーム色だった革が、汚れというわけではないのだけれど、少しくすんでつやが出てきて全く別の表情を見せてくれるということもあります。ハンドメイドの革製品は、二つの意味でオンリーワンの製品を使いたいという方に適しており、メンズ 人気財布のひとつとして注目を浴びています。

このページの先頭へ